≪ 2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.25 Fri
070525-01
 
とりあえずまた首位になったんですが、どうせすぐ目まぐるしく変わるので、そのことには触れず。



首位 中日 46試合 26勝 19負 1引分
二位 巨人 47試合 27勝 20負 0引分
三位 広島 44試合 21勝 22負 1引分
四位 横浜 43試合 21勝 22負 0引分
五位 阪神 44試合 20勝 23負 1引分
六位 乳酸 42試合 14勝 28負 0引分



阪神の低迷もさることながら、ヤクルトの14勝っては、
ここ数年のペナントの流れからいくと、ちょっと信じられない数字です。
ヤクルトって、なんだかんだ言って、強いチームなんですよ。

確かに2001年以来、優勝からは遠ざかってますけど、
それでも去年は中日阪神に次ぐ立派な三位だし、
打線も投手も、そこまで悪い戦力だと思えないし、
青木なんてもうアキれる位の打率残してるし
古田の頭脳野球はプレイング・マネージャーになっても健在だし。

若手とベテランのバランスが良いんですよ、あそこは。
あと外国人選手に個性派が多い。これは関係ないか。

何度も言いますが、ペナントレースは長いので、
この序盤の成績だけでヤクルトをナメてかかると、後々、痛~い目に会うと
思うのです・・・。絶対いつか、盛り返してくるだろうと。


例によって、下のような書き方をすれば、
「ヤクルトが実は強い!」っての判ってもらえるでしょうか。


14勝 ヤクルト
12勝 白鵬
10勝 朝青龍、千代大海、琴光喜、朝赤龍、出島



ほら、優勝の最右翼!
・・・って、逆にヤクファンに怒られそうですね(^^ゞ。
 
2007.05.20 Sun
070520-01
 
まだまだ長いペナントレースです。残り100試合もある。
どーせこれからも二転三転するに決まってます。
してくれなきゃ、こっちも楽しみ甲斐が無いってもんですし。
が、されど、しかし、まずは、・・・記しておきましょうか。

祝・7連勝

ここんとこ7試合の勝敗です。

中日 ○○○○○○○
読売 ●●○○○●●
横浜 ○●●●●●●
広島 ●●○○○○●
阪神 ○○●●●○○
乳酸 ●●●●●●○


いやー、あらためて並べてみると壮観ですね~。ほれぼれ。

もはや、現在のドラゴンズのライバルは、この人たちかもしれません。


中日 ○○○○○○○
白鵬 ○○○○○○○
魁皇 ○○○○○○○
出島 ○○○○○○○
朝青龍○○○○○○○


そして・・・、こちらも一応記さねばならんでしょう。

祝・定位置(首位)返り咲き

20070519_nakatamorino.avi_000295929.jpg


ルーキー浅尾くんに並ぶドラのイケメン、
中日のエースナンバー20を背負う中田投手が、ここんとこ調子良いのが何よりです。
今日もしっかり勝利投手。
毎登板、お約束といって良いほど連発していた四球も、なんとなんと、今回はゼロ。
この点がすごいですね。いつも四球からくずれてやられるパターンでしたから。

今日のヒーローはこの中田投手と森野選手だったんですが、

20070519_nakatamorino.avi_000244911.jpg


毎度のことながら、このドアラマイクとの取り合わせは卑怯です(笑)。
マユゲの太さ・角度の同じっぷりが・・・。

犬にイタズラでマユゲ書くと、こういう顔になる・・・。 


2007.05.19 Sat
070519-01
29601.jpg


8回ウラのいい場面で画面割り込み。そのまま終了。
不謹慎かもしれないけど、もう、あらゆる意味でコイツが許せない。
 
2007.04.26 Thu
070426-01
up35721.jpg

 
こういう表を出す時点でイジメだと思います。
 
2007.04.19 Thu
070419-01

阪神とやる時は、まぁ5回までに3点差つけられたら負けるのが普通です。
逆にこっちが3点差つけてたら、勝ちパターンにもってける。

それが昨日は5回表を終わって7対1。
嗚呼、オワタ、と思っていたら・・・、あるんですよ、年に数回こーゆーゲームが。

阪神 0 2 1 0 4 0 0 0 0 |7  | H12 E0
中日 0 1 0 0 5 0 3 0 X |9  | H12 E1

立浪の状況を読み切った熟練ワザのヒット、
英智の状況もクソもない(笑)、それでも食らいつく気持ちだけで打ったヒット。
いいチームですよ、今年も。

勝利の影に隠れてちょっと気になるのは憲伸の打撲と、
謎の勝ちガシラ投手グラセスキー(笑)。
中継ぎなのに、巨人の高橋尚、ドラの中田に並んでハーラートップ。
規定投球回いってないけど実は防御率0.00。
あれだけ四球連発でこの成績は、ある意味スゴいです(笑)。
 
 
2007.04.17 Tue
070417-01
 
祝 マサ今季初勝利

横浜工藤・阪神下柳・ついでに出番のあまりないロッテ小宮山と、
U-20ならぬO-40軍団の調子があがらぬ中、
やっとマサが先陣を切って初勝利。

ドラゴンズにとっても、今期初完投初完封の勝利でございます。
おじさんパワーがやっと本領発揮。
おじさんはスロースターターなんですよ。
昔のテレビと一緒で、ツクまでに時間かかるんですよ(笑)。

200勝へのカウントダウンもいよいよ後8。

チームが風邪引きさんばかりの中、元気ハツラツだし。
本当じょうぶいオジサンです^^。
  
2007.04.13 Fri
070413-01
 
横浜スゴい事になってますね。しっかり5割。
でもこのままシーズン終了すると、一度も貯金した日が無いという(笑)。
相撲でもなかなか無いですよ。こういうの。


横浜ベイスターズの開幕してからの成績

30日(金) ● 2 - 3 (結果) vs. 巨人 18:10 横浜
31日(土) ○ 2 - 0 (結果) vs. 巨人 14:00 横浜
01日(日) ● 1 - 10 (結果) vs. 巨人 14:00 横浜
03日(火) ○ 3 - 2 (結果) vs. 広島 18:00 広島
04日(水) ● 2 - 3 (結果) vs. 広島 18:00 広島
05日(木) ○ 3 - 2 (結果) vs. 広島 18:00 広島
06日(金) ● 3 - 6 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
07日(土) ○ 8 - 5 (結果) vs. 中日 15:00 ナゴヤドーム
08日(日) ● 2 - 6 (結果) vs. 中日 14:00 ナゴヤドーム
10日(火) ○ 7 - 4 (結果) vs. ヤクルト 18:00 横浜
11日(水)    - (中止) vs. ヤクルト 18:00 横浜
12日(木) ● 2 - 4 (結果) vs. ヤクルト 18:00 横浜
13日(金) ○ 6 - 4 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
2007.04.12 Thu
070412-01
c0085223_2392723.jpg


雨だから嬉しいのも判るがその前に頼むから
打率を上げてくれ。
 
2007.03.31 Sat
070331-01
 
2002パ・リーグ個人タイトル一覧

2002年なんで、もう5年前なんですが・・・。
いや、改めて見直すと面白いですよコレ。

最優秀防御率  金田政彦   オリックス
勝率1位    パウエル   近鉄
最多勝利    パウエル   近鉄
最優秀救援   豊田清    西武
最多ホールド  森慎二    西武
最多三振奪取  パウエル   近鉄
首位打者    小笠原道大  日本ハム
最多安打    松井稼頭央  西武
最多本塁打   カブレラ   西武
最多打点    ローズ    近鉄
最高出塁率   カブレラ   西武
最多盗塁    谷佳和    オリックス


この中で、現在も同じ球団で活躍してるのは西武のカブレラだけです。
5年でこんなにも選手は移動するんですね。

えー、実はもっと面白い事実があるので、
今度は判りやすく色をつけて表示してみますね。

最優秀防御率  金田政彦   オリックス→ソフバンで打撃投手
勝率1位    パウエル   近鉄   →某球団
最多勝利    パウエル   近鉄   →某球団
最優秀救援   豊田清    西武   →某球団
最多ホールド  森慎二    西武   →メジャー
最多三振奪取  パウエル   近鉄   →某球団
首位打者    小笠原道大  日本ハム →某球団
最多安打    松井稼頭央  西武   →メジャー
最多本塁打   カブレラ   西武   →西武
最多打点    ローズ    近鉄   →某球団→オリックス
最高出塁率   カブレラ   西武   →西武
最多盗塁    谷佳和    オリックス→某球団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。