≪ 2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.03 Sun
070603-01
 

映画備忘録
 
フラガール-レンタルDVD-№27
 
4907953019928.jpg


この映画で泣けるってことは、
まだまだ自分の心も完全には汚れきって無いんだなぁ、
と思ってみたり。
同じ感想を持つ30~40歳代は、きっと沢山いるでしょうね(^^ゞ。


作りが、基本に忠実なんですよ。おーどー。
こうやって書くと、オマエは何をもって基本に忠実と言うのか?
という質問が出てきそうですが、
ソコんトコは長くなるので質問却下します。
というか多分自分には返答できん(笑)。

問題は、基本に忠実な、この昔ながらの日本映画の作り方が、
一時期は、どんなに面白く作っても受け入れられなかった、
客が入らなかった、だからしばらく作らなかった。
ってトコにある気がします。

つくろうよ(笑)。

普段エラそうに、「作家性がない」とか「ベタ過ぎてシラけた」とか
この手のサワヤカ映画には辛辣なコトしか言わない自称映画通だって、
こんだけキチ~ンと丁寧~に作れば、きっと汚れちまったココロが洗われて
「うん、面白かった」って言うと思うんです。
自分がそうですもん(笑)。


あ、あといっこ。
「花とアリス」を知ってる人にとっては、
踊れない最初のシーンの蒼井優ちゃんの方がスゴいと思えます(笑)。
 
スポンサーサイト
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://coinlockerbabies.blog42.fc2.com/tb.php/699-7dfa2ce8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。