≪ 2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.20 Mon
060320-01
 
せっかく新カテゴリ作ったので、ショーシャンクだけでも何か書いとこう。
やる気が冷める前に(笑)。

ショーシャンクの空に-レンタルDVD-№001


Mr.Childrenが2002年に出したアルバム「IT'S A WONDERFUL WORLD」の中の、
「one two three」を車の中で聞いてたら、無性に見直したくなってレンタル屋へ。
でもね、

ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)

実を言うと、コレ持ってるんです(笑)。

埋もれてて探し出すのメンドい、ってのもあるけど、コレは、なーんか
空けたくない作品の1つなんです。「このワインはお前が20歳になった時
空けよう」みたいな。特別なメモリアルデーまで開封するのはとっときたい
映画なのです。なので今回はレンタル屋で借りて来て観賞。

見直すのは、5回目くらいでしょうか。

ちょっとハイソで、それが立ち振る舞いに現れてて、でも何考えてるかワカンナイとこもあって、
人間的に欠落してる部分が山盛りで、それが皆のカンに触って、でも疎外されても、
強い信念はしっかり持ってる、・・・って役どころをティム・ロビンスが演じると、
なんでこうもハマるんだろう。何度観ても飽きない理由は、モーガンフリーマンよりも
むしろこのティム・ロビンスの演技にある様な気がします。

男性客の観点から言えば、
女性が99%出てこないのに、こんだけ面白い映画も珍しいです(笑)。
その分ポスターのリタ・ヘイワースやラクエル・ウェルチが引き立ちますしね。

自分が一番ココロに残ったシーンは、ジャケットに出てる雨のカットや、
ラストシーンでは無く、実は中盤のタール塗りだったりします。

ココにかぶるモーガンフリーマンの語り部が、またいいのです。
 
スポンサーサイト
管理人にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://coinlockerbabies.blog42.fc2.com/tb.php/224-412835db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。