≪ 2006.02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.04 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.21 Tue
060321-01
 
たった8試合しかしてないのが嘘の様に、
とてつもなく大きなドラマが目白押しだった第一回WBCが、
今日、幕を降ろしました。

今度の大会はイチ野球ファンとして、オリンピックより殊更印象的なイベントでした。
それは、もちろん優勝を勝ち取れたってのもあるけど、
イチローが先日言った、「野球人生で一番屈辱的」と、
今日優勝後のインタビューで言っていた、「僕の野球人生にとって最も大きな日」、
この2つの対極的な言葉に、集約されている様な気ががします。

ものすごくヤな事もあったけど、変えられない嬉しさも手に入れた。
叫ぶ程に口惜しい思いもしたけど、今までにない幸福な気持ちも味わえた。
だからこそ選手たちはあれだけ一丸になれた様な気がするのです。
様々な思いを胸に、つかみ取った勝利。
勝負事に「たら・れば」は禁句ですが、もし、すんなり優勝してたら、
見てる方も恐らくジャパンの力を過信しすぎて、きっとここまでの感動は無かった筈でしょう。

イチローのインタビューばかりが大きく取り上げられてますが、
(それ自体はイチ・イチローファンとして大いに嬉しいのですが)
今回一番、「挫折と栄光」を感じたのは、自分はドメだと思います。
きっとまた一回り大きくなって、ドラで活躍してくれるでしょう。

チームは休む間もなく帰国、すぐにペナントへ。
イチローと大塚に至っては、帰ることもなくそのまま本拠地へ。

参加した選手たちは地球規模でタイヘンでしょうが、自分ら観客にとっては、こんな素敵なシーズン今まで無かったぁ。

またすぐ、あの素晴らしいプレイが見られる訳です。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。