≪ 2005.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.02 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.22 Sun
030122-03
みのもんた02

この間ヘンテコな夢を見た おばあちゃんが出てきて 弱った僕をおんぶしてくれて 悪い奴らをやっつけた その翌朝 仏壇に手を合わせてお礼を言って そこで世界がクリアに見えた どういった理由かは分からない 実際そうだったんだからそれでいい
スポンサーサイト
2006.01.22 Sun
060122-02
みのもんた01

通りを我が物顔して 馬鹿騒ぎしてる若人に 実際はちょっとジェラシー 感じていたりします 安定を得るために斬り捨てた衝動が 化けて出てきて枕元で言うんだ 「跳びたい 跳びたい」と
2006.01.22 Sun
060122-01
CNN.co.jp : こぼれ話

雪の夜、数百キロ離れた祖母の家へ、「オモチャの車」で
2006.01.03 Web posted at: 17:16 JST
- CNN/REUTERS


>400キロ以上も離れたベルリン市に住む祖母の家へ行く途中と答えたという。
>体を温めた上、自宅へ送った。

問題は、この少年が既に何キロ走破してたか、ですね。
おもちゃの車で必死に390キロまで走ってたら、
いきなり来た警察に自宅まで強制送還くらった、じゃ目も当てられん。
というか警察は、
事情をちゃんと聞いた上で、まずはおばあちゃん家に運べといいたい。

>祖母の家へ行きたかった理由は伝えられていない。

ロマンと、愛、じゃん。

これしかないだろう、つかこれ以外に何があるんだ。
ったく、んなことも判んないかなぁ。

まだ見ぬ世界、旅へのロマン。  肉親である祖母への、愛。

オトコノコの二大栄養素じゃんか。

これ書いたロイター記者はストレイトストーリー100回見た後で深く反省です。
少年の勇気と行動力を全く感じさせない記事の書き方に深く反省です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。