≪ 2004.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2005.02 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.01.31 Mon
20050131-01
祖母の死

30日の朝5時58分だったそうです。

実は12月の稽古の時から、様子が大分悪くて、
「覚悟しといて」とは医者に言われてまして、
稽古に支障でる可能性もあるなぁ。と思い、演出にだけは簡単に伝えてありました。

後の人には伝えて無かったんじゃないかなぁ。

おかしなもんで、不謹慎な言い方すればこの「死亡宣告」を聞かされると
なにかの拍子に、祖母の事がフッと胸をよぎったりします。本番前とか。
後、芝居本編が終わって、カーテンコールまでの移動の時とか。

公演中ということで集中しなくてはならないし、もちろん周りには伝えてないので、
自分の胸のうちだけでとっさにコントロールして、この胸騒ぎは押さえてしまうのですが、
周りの人たちから見ると、多分神経質に写ったのでは無いかと思います。

この歳になると、この自分の中だけで飲み込む、押さえ込む、
という行動が段々と増えて来てますね。

今日は夜に某照明さんと「少年ボーイズ」の稽古を見る予定だったので、
朝一でその旨キャンセルを連絡。
一息つくまもなく、病院に遺体を引き取りに。
葬儀場は家から歩いて3分くらいの近い場所だったのですが、
こういう時って、なんだかんだと運ぶ物があったりするんですよね。で、
この近場をわざわざ車で移動。その際に北区役所にも死亡届を出しに
行くんですが、区役所も通り道で家から五分。この距離を車で移動すると、
返って煩わしいなぁ。と思いつつ区役所へ。日曜だったのですが、私たち
みたいな人のために、つまり死亡届等を受理するために、日曜でも役所は
開いてるものなんですね。初めて知りました。
届けを出すと、自動的に八事の火葬許可証書が。
これも初めて知る。知らない事だらけで戸惑う。

余談になるが、この火葬許可証にざっと目を通すと、火葬する際の値段が
ちゃんと書かれていて、これは住民票が名古屋かどうかで決まるらしい。
名古屋市の住民票だと、5000円。それ以外だと、5万円。
この値段がどんな理由で生まれているのかと、ふと思う。

取り急ぎ親類縁者に連絡して、故人の写真用意して、寿司注文して、
通夜の時間決めて、喪服用意して、その間に下世話な話ですが、
葬儀場とのお金の取り決めもして。気がついたらもう通夜です。

故人を本当に偲ぶ時間は、おそらくもうちょっと後になると思います。
スポンサーサイト
2005.01.30 Sun
050130-01
まんがは、おやつ。


一~二週間はこんな調子で、誰にも伝えずにボチボチと更新して行こうかと考えている。
続く自信が無いからだ。

今日はオフ日。最近になって、特に今年に入ってから、オフの日に外に出なくなった。
仕事が無ければ、本当に引き篭もりになってしまいそうです。別に、外に出たら負けと
思ってるわけじゃ無いのですよ。

昼起きして、まずはアマゾンで本購入した事も忘れて、一昨日なにげなく
立ち寄った本屋で買った「capeta」を読む。
我が家の近くに7~8年前に出来た本屋で、割合お世話になっていたのだが、
「2/20をもって閉店致します。」の張り紙。ご苦労様でした。
capetaってのは、最近の私のお気に入り漫画家の1人、曽田正人なる
漫画家が月刊少年ジャンプで連載しているコミックで、子供の主人公がカートレースに
目覚める話だ。と思って読み進めていたら、6巻で急に中学生に成長してしまった。
展開早いなぁ。いきなり「10年後」ってテロップ出て、話の内容がドコカに飛んでしまう
「地球へ…」の映画版を思い出した。しかし、アレはアレで面白かったのだけど。
capetaの今後にも、期待することとしよう。

続いて昨日も少し触れた平田オリザの「演技と演出」。講談社の新書。
去年の六月頃に出たんだけど、読みたい読みたいと思っていて、やっと読めた。
これねぇ、かなりオモロいです。この作家の芝居をやったばかりだから、とか、
この人の考えに同調してる、とかじゃなくて、単純に読み物として、面白く書かれてます。
ガラスの仮面を引用するくだりは、思わずクワえてたチュッパチャップスを吐き出しそうに。
新書読んでてフキだしそうになったのは、人生始めての経験。

夜。ようやく重い腰をあげる。これじゃ本当に引き篭もりだ、と反省して、しかしさて、
じゃあどこに行けばいいのか、の宛ても無く、ぶらぶらと出かけたのがスーパー銭湯。
いつもなら http://www.super-sentou.com/に行くのだけれど、今日はせっかくだから
(なにがせっかくだかもわからない)ということで、わざわざ近場のスーパー銭湯を
ネットで検索。で、 http://www.e-yunosato.com/まで足を運ぶ。なんだ、いつも映画
見に行くとこの近くじゃないか。こりゃ映画見た帰りに浸かりに来てもいいなぁ。と
思いつつ利用してみると、これが大ハズレ。普通の銭湯に毛が生えたモンだった。
あれじゃまだスオミの方がマシだ。

本当は帰りにコーヒー牛乳が定番なんだろうけど、風呂から出ると何故か自分は
サラサラ系が飲みたくなる体質で、今日も大塚ベバレジのそば茶を選択。
心地良い、でも寒い長い冬。
2005.01.29 Sat
050129-02
風が寒い。

ヘビースモーカーが冬に一番困るのは、換気じゃないだろうか。
特に自分みたいな寒がり。ワガママなもんで、吸ってる最中は煙が気にならないクセに、
吸い終わると部屋の空気がやたら気になる。でも窓は開けたくないわけだ。
コスモクリーナー、だっけ?放射能が綺麗になるなら、タバスモークも浄化されるんだろう。
あれ欲しいなぁ。

以上、ブログのチェックも兼ねて。
作りあげるより、文字タイプするより、出来上がってからちゃんと機能してるかチェックする
方が時間かかる。確認作業だから仕方ないんだけどね。

二階で仕事してたら、いつのまにかペリカン便が来てたらしく、不在用の紙がポストに。
おとといの深夜買ってしまった、アマゾンの本だ。
インターネットしてると、宵越しの銭を持てなくなってしまう。
確か三冊ほど買った覚えがあるなぁ。平田オリザの新書を二冊。あと、のだめカンタービレ。
2005.01.29 Sat
050129-01
天気晴朗なれど風寒し。

世の流れに習って、といってもそれは自分の世界の、
しかも半径数mといった仲間内だけでの世の流れなのだけれど、
兎にも角にもみんなに習ってブログを作成してみた。

作るのは意外と簡単だった。正味2分かな。ラーメンより手軽。

で、最初の印象。
なにがおもしろいのかコンナモン。。。(笑)

やってくうちに面白くなればいいのだけど。


ブログを作成するにあたって、自分に数点、枷をつけてみた。
制約と誓約。私みたいな人間は、なんかルール作った方が続くんです。

・のめりこまないこと。その代わり飽きないこと。
 更新は週に2~3回で充分。月1でも全く問題無し。
・披露目ないこと。
 徹底的に私信のブログにしようと思う。
 仕事関係のHPにリンクされない。見つけられたらその時だが、必要以上に告知しない。
・書き直さない。推敲しない。
 表現、創作においては、結果はともかく、私は自身のクオリティを
 絶対に下げる意志はありません。が、
 ココに関しては、あくまで便所の落書き感覚で書いていこうと思います。
 読みにくい?知らん。

-- 表紙に戻る→
-- READ MEに戻る→
2005.01.01 Sat
0000_19
倉庫変わり
2007bekker02.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。