≪ 2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.30 Thu
070830-01
 

映画備忘録
 
死霊のはらわたIII キャプテン・スーパーマーケット-レンタルDVD-№44

61DGRrfX3DL._AA240_.jpg


一年に一回は見てるんじゃないかなぁこの映画。
ホントーに好きなんだなぁ、この手の映画。
同じ中世なイメージの映画でも、ロード・オブ・ザ・リングより
こっちの方が面白いです、自分は。

制作年度からいけば、きっとCGで処理するのが普通なシーンも沢山ある。
でも、コマ写しでカクカク動かされちゃう。
これが、よい。もうタマランムムー、です。
ハリーハウゼンばんざい。
 
スポンサーサイト
2007.08.29 Wed
070829-01
 

映画備忘録
 
海は見ていた-レンタルDVD-№43

51WQCSYRW0L._AA240_.jpg


黒澤監督の遺した脚本を、「海と毒薬」の熊井啓が監督した作品。

そんな悪い出来だとは思わなかったですよ。充分楽しめました。
世のクロサワ好きなお方は、思い入れが強いのかな、と感じました。
どうしてもハンパな出来じゃ満足出来ないんでしょうね。
遠野凪子も、よい女優だなぁ、と思ったんだけどなぁ。

ただまぁ、黒澤が生きてたら・・・オッケは出さなかったのかなぁ(^^ゞ。
 
2007.08.23 Thu
070823-01
 

映画備忘録
 
北北西に進路を取れ-レンタルDVD-№42

21JE7P3XWKL._AA140_.jpg



「赤い月」を見た後、「このままじゃ寝れねえ!」と半ばブチ切れながら
レンタル屋に走って(笑)、衝動的に借りたのがコイツでございました。

お陰で健やかに寝れましたよー。ヒッチコックいつもありがとう~。

彼の作品を借りる時は、他にもお気に入りのモノが沢山あるので、
「北北西~」は、どうしても後回しになってしまうんですよね。

「今回はコレでいっか」とテキトーに手にとっても、その作品が充分面白い。
大ハズレが絶対的に少ない、ってのは、やはり優れた才能のヒトツなんでしょうね。

もう一度言いますね。ヒッチコック、いつもありがとう~。
 
2007.08.16 Thu
070816-01
 

映画備忘録
 
赤い月-レンタルDVD-№41

21P49BBF2GL._AA140_.jpg



ひどいできでした


2007.08.12 Sun
070812-01
 

映画備忘録
 
劇場版 NEON GENESIS EVANGELION
- DEATH (TRUE) 2
: Air / まごころを君に-レンタルDVD-№40

51M3KJWEHYL._AA240_.jpg


タイトルながっ(笑)。

ひょっとしてひょっとかしたら新劇場版に行くかな?と思って観ました。
そんなコトでも無かったら、もう一度観ることは無かったでしょう(笑)。

で、見終わって確信しましたが、新劇場版を見に行くコトは無いでしょう。
 
2007.08.11 Sat
070811-01
 

映画備忘録
 
トランスフォーマー-劇場鑑賞-№39

1916_m.jpg


夏休み映画を観に行くなんて何年ぶりでしょ。

「アルマゲドン」に行った時は序盤でチカラ尽きて、寝て起きたら
いつのまにか油田掘りが宇宙飛行士になってました。無茶苦茶でした(笑)。

で、このハリウッド王道ど真ん中の作品。

思うに、宝塚歌劇と一緒じゃないかと。

とにかく見た目重視。ド派手。ハッタリと外連味が全て。
冷静になって見ると「なんじゃこの世界」と苦笑するしかない。
話の筋がヘボヘボでも、ンなこたぁ些末なこっちゃ!と切り捨て。

でもでも、それを好きになる客がいて、長い歴史があって、
創り手にも(それ相応の)自負がある。

んじゃまぁ、たまに見るならエエか、ちゅーコトになるワケです(^^ゞ。



↑公式サイトに行ってみたら、文字が変形するバナーを作れる、
とのそうなんで、つくってみました。


堂上兄ちゃん、名電が負けてブルーなハズなのに、よく打った!!!!
 
2007.08.09 Thu
070809-01
 

映画備忘録
 
それでもボクはやってない-レンタルDVD-№38

41qLrVfbJ8L._AA240_.jpg


この題材を2時間半の長尺で撮るコト自体が、最も勇気ある行為だと思うのです。

かなり気持ちの籠もった映画です。
でも、世にこの矛盾を訴えたい、声高に主張したい、という、単なる「気持ち」だけでは、
これだけの傑作にならなかったんじゃないかと思います。
映画として素晴らしい。作品として面白い。この点をまず一番に評価したいです。

女性の視点から見れば、ましてや実際に痴漢に遭った方からすれば、
この映画が言わんとしている事を、手放しで絶賛するのは難しい気もします。
冤罪で言われもない罪をかぶる人間がいる一方で、やはりなんの罪もない女性が被害に遭って
泣き寝入りを余儀なくされている現実もあるワケで。

ただ、今回この映画では、周防監督は本気で怒ってます。
「三権分立」なんて単語は教科書の中だけでしか目にしたコトが無い自分らにとっては、
「司法」なんぞ、単に、従わなければならない、従うしかしょうのない「お上」です。
そのお上に向かって、この監督、堂々とツバ吐いています。

ここまで作品の中で怒りを露わにする監督は、黒澤以来じゃないでしょうか。
テーマの是非より、この「怒り」が深く心に残った映画です。いい映画です。

2007.07.13 Fri
070713-01
 

映画備忘録
 
時をかける少女-レンタルDVD-№37

51t9cCzp5VL._AA240_.jpg


手放しで絶賛。はい、面白いです。

その昔、原田知世のファンだった自分。
そりゃもう、ちーとやそーとの「時かけ」じゃ納得しませんよ、
と肩ひじ張って見始めるじゃないですか。
そんな自分が見ても充分楽しめたって時点でもうマイリマシタ、です。

多分、今年のマイベスト1になるんじゃないかなぁ。
 
2007.07.12 Thu
070712-01
 

映画備忘録
 
ターミナル-レンタルDVD-№36

513VB19F8XL._AA240_.jpg


DVDのジャケットだけ見て、今まで見るのを躊躇ってました。
なんか・・・いかにも、なジャケットなので(^^ゞ。

したら、なんと結構面白いコレ。

トムハンのお芝居はさんざ観てるので今さらどうこうは無いけど、
キャサリン・ゼタ・ジョーンズのCAさんがベラボウに良かったなぁ。
しばらくメタボリックな体型の時期もあったけど、
この人は希有な才能を持った役者さんだと改めて思いました。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。